• ホーム
  • マーベロンは卵巣がんの予防作用がある

マーベロンは卵巣がんの予防作用がある

心配している女性

近年、日本では卵巣がんの患者が増加しているそうです。
そして、今ピルの卵巣がんの予防作用が注目されています。
国際的な学術論文誌で、避妊用ピルを長期間服用することで、卵巣がんの発生リスクを軽減することができる、という研究が発表されたりしており、ピルの卵巣がんの予防作用は注目されています。
なぜ、ピルに予防作用があると言われているのかといいますと、卵巣が排卵の度に大きなストレスを受け、そのストレスが卵巣がんの発生原因になっていると考えられているため、排卵を抑制するピルがそのストレスを軽減し、ひいては卵巣がんの予防になっているということなのです。

低用量ピルの一種であるマーベロンは、少量の卵胞ホルモン薬と黄体ホルモン薬が配合され、排卵を抑える効果があります。
本来は、避妊のために使用する薬ですが、排卵を抑制する作用があるため、副次的効果として卵巣がんの予防作用が期待できるのです。
ただし、卵胞ホルモン薬が配合されているため、卵胞ホルモンの作用によって悪化する乳がんや子宮がんがある場合は、服用をさけなければなりません。
その他、ピルには血栓を作りやすくする性質があるため、服用してもよい身体の状態か確認した上で、卵巣がんの予防目的で服用を検討する必要があります。

関連記事
マーベロンをバレずに購入するには 2019年10月30日

避妊をするためにマーベロンを購入したいと思っている女性は多いですが、なるべく周囲にバレずに購入するにはどうしたらいいのだろうと悩んでいる事があります。知り合いなどに見られたらどうしようと、病院に行くのは勇気が出なくて恥ずかしいという風に思っている人もいます。自分で避妊をする手段としてはピルを飲む以外...

不正出血に悩んでマーベロンを途中でやめてしまったら 2019年10月03日

マーベロンは、毎日一定の時刻に服用するだけで避妊効果を得られる低用量ピルですが、人によっては下痢や嘔吐などの副作用が起こります。また服用中に不正性器出血が起こることもあるので、初めて体験したときは驚くかも知れません。しかしこの出血は通常、服用しているあいだに治まるので、それほど気にする必要はないでし...

マーベロンを使用する場合は、服用時間に注意! 2019年09月07日

主成分を黄体ホルモンと卵胞ホルモンとする低用量ピルのマーベロンは、その他のピルと同様、生理がはじまった1日目から飲み始めるというのが基本です。ピルを服用する理由は様々ですが、その主な目的は、避妊、生理不順の改善、月経困難症の改善などが多いとされています。実際、生理初日マーベロンを正しく服用すると、1...

卵巣がんは早期発見が重要 2019年08月19日

卵巣がんは妊娠経験がない人や出産回数が少ない人に多くみられるがんで、近年、少子化傾向と共に増加しているといわれています。卵巣がんの初期はほとんどが無症状で、気づいた時にはかなり進行しているケースが多く、欧米では静かなる腫瘍、忍び寄る悪魔と表現されるがんで、卵巣がんは早期発見が重要なのです。卵巣がんの...

卵巣がんの発生率 2019年07月20日

卵巣がんは、比較的若い女性であっても発症することがある疾患のひとつでもあり、定期的にきちんとした検査を受けることが望まれています。卵巣がんの発生率は、その他の悪性腫瘍よりも低いといわれていますが、腹痛や腰痛などの違和感が長く続く場合にはすぐに医療機関を受診することが勧められています。現在では、卵巣が...